FC2ブログ

Image Challenge

Tonsillar cancer (山田歯科医院)

今週号のThe New England Journal of MedicineのImage Challenge
60歳の男性、2か月前から、右側の首に痛みの無いしこりが出現したと、耳鼻咽喉科を受診しました。
患者には、喫煙や過度の飲酒の履歴は無く、声の変化や嚥下困難もありませんでした。
口腔内からの所見では、右側の扁桃腺だけが肥大していました。

1.Peritonsillar abscess
2.Burkitt’s lymphoma
3.Tonsillar cancer
4.Mandibular osteoma
5.Benign tonsillar hypertrophy

Image Challenge

Image Challenge(山田歯科医院)
今週号のThe New England Journal of MedicineのImage Challengeも口腔内の症状に関するものです。

7歳の男児、3年前から舌に、硬くて痛みはないがゆっくりと大きくなっている結節が複数できていると、小児耳鼻科を受診しました。
男児には軽度の発達遅延があり、口蓋は高く、マルファン症候群様の体形をしていました。

1. Gaucher’s disease
2. Multiple endocrine neoplasia type 2B
3. Tuberous sclerosis
4. Familial hypercholesterolemia
5. Marfan’s syndrome

Image challenge

Image challenge

今週号のThe New England Journal of MedicineのImage Challenge

68歳の男性、2日前より首が腫れてきたため救急受診しました。
1週間前より、歯が痛くなり、発熱もあり、次第にものを飲み込みにくくなりまた痛みも出てきました。
口腔底の著しい浮腫を伴う右顎下部の腫脹が認められ、舌は著しく変位していました。

1. Oropharyngeal carcinoma
2. Sarcoidosis
3. Ludwig’s angina
4. Sialolithiasis
5. IgG4-related disease

Image Challenge

甲状舌管嚢胞(山田歯科医院)
The New England Journal of Medicine今週号のImage Challenge
68歳女性、5年ほど前から頸部が腫脹し、最近嚥下時の違和感を感じるようになりました。
この患者さんは耳鼻咽喉科を受診したようですが、歯科口腔外科でも対応できます。
1.Pharyngeal abscess
2.Thyroglossal duct cyst
3.Reactive viral lymphadenopathy
4.Hodgkin's lymphoma
5.Hemangiomas

Image Challenge

Immage Challenge(山田歯科医院)

今週号の、NEJMのImage Challengeは、HIVに感染している患者さんの舌の病変です。
1週間前から、頭痛、発熱があり、舌には大きな潰瘍性病変が認めらました。(パネルA)。
胸部X線写真では両肺に斑状の浸潤が認められ、舌病変の生検を施行しました。(パネルB)。

1.Sarcoidosis
2.Lingual tuberculosis
3.Disseminated coccidioidomycosis
4.Disseminated aspergillosis
5.B-cell lymphoma

Image Challenge

A群溶結レンサ球菌感染症(山田歯科医院)
今週号のthe New England Journal of Medicine のImage Challengeは、2週続けて口腔内の症状です。この症状の患者さんが歯科を受診することはまずないと思いますが、初期病変を認知することは可能です。

9歳の女児、発熱とのどの痛みを主訴に受診しました。
頚部リンパ節は腫脹し圧痛があり、口蓋垂と扁桃は腫れていて、軟口蓋と硬口蓋にドーナツのような点状紅斑が多数できています。
舌と咽頭は白苔に覆われています。
原因は次のどれでしょう。

1.Group A streptococcus
2.Epstein-Barr virus
3.Adenovirus
4.Measles virus
5.Neisseria gonorrhe

Image Challenge

spindle-cell sarcoma(山田歯科医院)
タイムリーなことに、今週号のThe New England Journal of MedicineのImage Challengeは、舌の病変に関するものです。
何年も前から気が付いていたのですから、なるべく早く歯科医院を受診していただきたいものです。

54歳男性、何年も前から舌にあった白斑の中心に痛みのない茶色のものが大きくなってきて、この2か月ほど食べ物を咀嚼しにくくなってきたとして来院しました。
舌には白斑の中に8 mm x 7 mmの硬固物を認めました。

1.Dermoid cyst
2.Oral candidiasis
3.Lipoma
4.Spindle-cell sarcoma
5.Tongue mucocele

Image Challenge

鉛中毒(山田歯科医院)
今週のThe New England Journal of MedicineのImage Challengeは、歯肉の変色に関するものです。
39歳男性、4週間にわたる腹痛と便秘と主訴に受診しました。腹部の所見には異常はありませんでしたが、下顎の歯の歯肉の辺縁が黒く変色していました。
1.Scurvy
2.Bismuth poisoning
3.Adults Still’s disease
4.Behçet’s syndrome
5.Lead poisoning

黒毛舌

黒毛舌(山田歯科医院)

今週のThe New England Journal of MedicineのImage Challengeは、舌の病変です。
55歳女性。交通事故で両脚を負傷したのち、細菌感染症が発症したので抗生物質による治療を受けたところ、舌が黒くなりました。
どのような抗生物質が原因でしょう。
1.Tetracyclines
2.Penicillins
3.Macrolides
4.Fluroquinolones
5.Sulfonamides

Image Challenge

巨細胞性動脈炎(山田歯科医院)

今週のThe New England Journal of MedicineのImage Challengeは、久しぶりに口腔内の病変です。
86歳女性。巨細胞性動脈炎と診断され、ステロイドホルモンの治療を開始した8日目に、舌の右側に壊死性潰瘍が出現しました。
頸部顔面CTで血栓症を呈している右側の動脈の1つはどれでしょう。
1.Superior thyroid artery
2.Ascending pharyngeal artery
3.Posterior auricular artery
4.Facial artery
5.Lingual artery

グリコ ポッキーチョコレート

グリコ ポッキーチョコレート(山田歯科医院)
本日の読売新聞の全面広告
ひと口目に前歯でスティック菓子(ポッキーチョコレート)を食べた方が、奥歯で噛むよりも脳の前頭前野がより活性化されるという実験結果が報告されています。
前頭前野は、思考や創造性を担う脳の最高中枢であると考えられている部分です。
よく嚙むと脳の活動が活性化されるということは、いろいろと報告されてますが、これもその一環の実験と考えられます。

Image Challenge

Image Callenge

今週号の the New England Journal of MedicineのImage Challenge は、顔面の左半分に発疹と痛みがある患者さんです。
舌の前のほうには、舌苔が付着しています。
1.Herpes simplex virus
2.Enterovirus
3.Contact dermatitis
4.Bullous pemphigoid
5.Varicella-zoster virus

Image Challenge

ヒトパピローマウィルス(山田歯科医院)
今週号の「the New England Journal of Medicineの「Image Challenge」は、エイズウィルス感染者の口腔内にできた無痛性の病変です。
1.Human papillomavirus
2.Varicella zoster virus
3.Guttate psoriasis
4.Verrucous carcinoma
5.Molluscum contagiosum

Image Challeng

Image Challenge(山田歯科医院)
今週号の the New England Journal of MedicineのImage Challengeは、口腔のレントゲン写真です。
歯が痛く、頻尿と口渇がある男性です。
1.Vitamin D excess
2.Scurvy
3.Langerhans'-cell histiocytosis
4.Paget's disease of bone
5.Metastatic prostate cancer

Image Challenge

地図状舌(山田歯科医院)

今週のThe New England Journal of MedicineのImage Challengeは、舌の病変です。
3ヶ月にわたって、赤い部分が舌のいろいろな場所に出現しています。
解説には、2%の人に出現することがあると書かれています。

1.Geographic tongue
2.Oral candidiasis
3.Lichen planus
4.Oral hairy leukoplakia
5.Pemphigus vulgaris