FC2ブログ

クロワッサン

クロワッサン(山田歯科医院)
クロワッサン最新号
お口の健康と全身の健康・美容との関係が、わかりやすく解説されています。
待合室に置いてあります、ご一読ください。

鳥の巣

鳥の巣(山田歯科医院)
今年もヒナが孵化しました。
いつもと違って、かなり見つけにくいところに巣作りしたため、今日まで全く気が付きませんでした。
待合室の窓から見ることができます。
巣立ちまで、静かに見守ってください。

チューリップ

チューリップ(山田歯科医院)
今年は、一斉に開花しました。
心成しか、いつもより色鮮やかです。

謹賀新年

山元桜月富士(山田歯科医院)
あけましておめでとうございます。
本年も、どうかよろしくお願いいたします。
新春は、5日(金曜日)より診療いたします。

西井義晃画伯急逝

西井義晃画伯(山田歯科医院)

当院には、多くの絵画が飾ってありますが、最も数多いのは西井義晃画伯の絵画です。
総数8点、そのうち代表作「薔薇」は4点あります。
その西井画伯が14日急逝されました。
来年3月、再び来県されるとお約束していただいていたのに残念でなりません。
3年前の個展で来県の折、お食事をご一緒したときの豪快な飲みっぷりは忘れることができません。
ご冥福を心からお祈りして、氏の作品に献杯…

鳥の巣

鳥の巣(山田歯科医院)
久しぶりに、鳥が巣作りをし、卵を抱いています。
ぜひとも無事に孵ってほしいものです。
診療台に座ると、山茶花の中のちょうど目の高さにあります。
静かに見守ってください

チューリップ

チューリップ
花冷えで開花が遅れていましたが、ようやく咲きそろいました。

謹賀新年

山元桜月富士(山田歯科医院)
あけましておめでとうございます。
本年もどうかよろしくお願いします。
新春は、5日(木)より診療します。

平成27年度厚生労働省関係国家試験結果

平成28年度厚生労働省関係国家試験結果(山田歯科医院)

今年度の厚生労働省関係国家試験結果です。
歯科医師国家試験の合格者は、史上初めて2,000名を下回りました。
また、今年度から歯科技工士試験も全国統一の国家試験になりました。

チューリップ

チューリップ(山田歯科医院)
4月の声を聞かないうちにチューリップが開花したのは初めてです。
玄関先に咲いています、どうかお楽しみください。

あっぱれ!8020さん

あっぱれ!8020さん(山田歯科医院)
20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われていることから、平均寿命の80歳になっても20本以上の自分の歯を保とうとう「8020運動」を、日本歯科医師会は平成元年より推進しています。
この運動に協賛して、昨年10月よりBSジャパンにて、「あっぱれ!8020さん~噛んで健康ハッピーライフ~」というドキュメンタリー番組が放送されています。(毎週火曜日、午後8時55分)
80歳を過ぎても自分の歯を20本以上保ってパワフルに活躍される方々を観るにつけ、自分の歯でおいしく食事ができることの大切さを痛感します。
ぜひ一度、ご覧になってみてください。

山茶花

山茶花(山田歯科医院)

今年は、やはり暖冬なのか、山茶花の満開も少し早いようです。
いつもより花も大きく、数も多く付いています。
新年まであと10日、ゆっくり楽しんでいただけます。

スズ100%入れ歯容器

スズ100%入れ歯容器
本日の北日本新聞に、高岡市の鋳物メーカー能作が、100%スズでできた入れ歯容器を開発した記事が掲載されています。
スズには、かなりの抗菌性があると言われています。
同じ100%スズでできている、「入れ歯洗浄抗菌コマ“きらり”」は、経済産業省「戦略的基盤技術高度化支援事業」で安全性試験済みで、すでに市販されています。

ためしてガッテン2015秋

ためしてガッテン2015秋」が発売されました。
今回の総力大特集は、
老化と病気は「歯口力(しこうりょく)」で防ぐ!
です。「歯口力」の低下が万病を呼び寄せる!ということで、以下の項目について解説されています。
待合室にも置いてあります。
是非ご一読ください。
1.「口呼吸」は危険な病気を招くもと
2.「睡眠時無呼吸症」を放置しない
3.「誤嚥性肺炎」は命に関わる
4.「第3の肺炎」は胃液の逆流で起こる
5.“二重あご”は危険な舌と骨のサイン
6.「大人の虫歯」は健康長寿の敵
7.「歯周病」が糖尿病を呼び寄せる
8.“噛むだけ”で脳が活性化する
9.「噛む力」が生んだ2つの奇跡
10.“噛み続け癖”が全身の不調を招く
11.“入れ歯”を最大限に生かす五つの極意
ためしてガッテン2015秋(山田歯科医院)

地域連携推進会議

地域連携推進会議(山田歯科医院)
新庄・藤ノ木・山室地区の地域連携推進会議に講師としてお招きいただきました。
地域包括ケアシステムが始まったいま、口腔ケアに関する理解を少しでも深めていただけたかと思います。