世界糖尿病デー

世界糖尿病デー(山田歯科医院)

11月14日は「世界糖尿病デー」です。今日からは第53回全国糖尿病週間がはじまります。
インスリンを発見したカナダのバンティング博士に敬意を表して、博士の誕生日を全世界に糖尿病の脅威を啓蒙する日としています。
糖尿病撲滅のためのシンボルカラーである「ブルー」でいろいろなものを染める【ブルーライトアップ】が、今年も県内各地で行われます。
11/10 (金) ~11/17 (金)
富山市立富山市民病院 1階外来廊下
11/13 (月) ~11/19 (日)
富山城
富岸運河環水公園 天門橋・泉と滝の広場
インテックタワー111ビル
11/14 (火)
富山赤十字病院正面外壁
黒部市民病院

世界糖尿病デー

世界糖尿病デー(山田歯科医院)
11月14日は「世界糖尿病デー」です。
今年は、制定10周年。しかし、糖尿病の脅威は年々増悪しています。
糖尿病の予防と治療の継続性を認識していただくために、今日から、富山城のブルーライトアップも始まります。

糖尿病患者は喪失歯が2倍

米国デューク大学のBei Wu教授は、1971年からのアメリカ国民保健栄養調査のデーターを分析した結果、この40年の間、糖尿病の有無にかかわらず歯の喪失状況の改善が見られた一方、歯の喪失本数は人種によって差があるものの、各人種において、糖尿病患者の喪失歯の本数は非糖尿病者の2倍となることを明らかにしました。

「Forty-Year Trends in Tooth Loss Among American Adults With and Without Diabetes Mellitus」(Prev Chronic Dis. 2015 Dec 3)

Wu教授は、今回の解析から 糖尿病患者は歯科ケアへのアクセスが不可欠と指摘しています。
我が国でも、日本糖尿病学会の「科学的根拠に基づく糖尿病ガイドライン2013」のなかで、「糖尿病と歯周病は相互に負の影響を与える。したがって、患者に糖尿病と歯周病の関連性を説明し、定期的に歯科を受診させて口腔状態を評価し、必要に応じて歯科治療を行うべきである。」という項目がグレードAのコンセンサスで推奨されています。

一生自分の歯でおいしく食べるために、特に糖尿病の患者さんは、定期的に歯科医院で、お口の状態のチェックとケアをお勧めします。

歯の喪失数の推移(山田歯科医院)

調査期間における喪失歯の数
 ● 黒人・糖尿病患者
 ■ 白人・糖尿病患者
 ▲ メキシコ人・糖尿病患者
 ○ 黒人・非糖尿病
 □ 白人・非糖尿病
 △ メキシコ人・非糖尿病

世界糖尿病デー2015

世界糖尿病デー2015(山田歯科医院)

11月14日(土)は、世界糖尿病デーです。
日本では、予備軍を含めると2000万人の患者がいるといわれている糖尿病。
その糖尿病の正しい知識を啓発するためにと、世界各地でブルーライトアップが行われます。
富山県でもいろいろな施設が青い光で包まれます。
 富山城址公園 11/12(木)~15(日)
 黒部市民病院(新外来棟) 11/14(土)
 富山赤十字病院 11/14(土)
 済生会富山病院 中庭 11/1(日)~30(月)
 魚津駅前モニュメント「たてもん」 11/12(木)~13(金)
 インテックタワー111ビル 11/9(月)~11/15(日)

世界糖尿病デー

世界糖尿病デー(山田歯科医院)
11月14日(金)は、世界糖尿病デーです。
今年も、世界各地で糖尿病の予防・治療・療養を喚起するためにブルーライトアップが行われます。
富山県でもいろいろな施設が青い光で包まれます。
 富山城址公園 [11/13(木)~11/16(日)]
 黒部市民病院 [11/14(金)]
 富山労災病院 [11/14(金)]
 魚津駅前「たてもんモニュメント」 [11/14(金)]
 富山赤十字病院 [11/14(金)]
 済生会富山病院 エントランスホール、研修ホール [11/14(金)]
 滑川市民交流プラザ [11/13(木)~11/15(土)]

世界糖尿病デー

世界糖尿病デー(山田歯科医院)

11月14日は、世界糖尿病デーです。
今年も全国各地でブルーライトアップが行われており、富山県でも富山城・富山赤十字病院・黒部市民病院・富山労災病院が青色の光に染まっています。
糖尿病が全世界的脅威であることを認知していただくシンボルとして、この青色の光が広く認知されることを願っています。

歯周病チェックもお忘れなく

日本糖尿病協会ポスター
日本糖尿病協会が内科医院向けに作成したポスターです。
糖尿病の正しいコントロールのためには、食事療法・薬物療法・運動療法に加えて、口腔のメインテナンスが重要であることを、内科に来院された患者さんに伝える目的です。
最近、医科の先生から患者さんに歯科受診を指導する動きが、多くなってきています。

糖尿病シンポジウムin富山

糖尿病シンポジウムin富山(山田歯科医院)

11月18日に開催される「糖尿病シンポジウムin富山」の詳細が決定し、参加申し込みが始まっています。
「知っとかれ!身近な病気、糖尿病!」をメインテーマとしての講演会です。
富山県出身の女優・柴田理恵さんのトークショーもありますので、気軽に参加してみてください。

日時 11月18日(日曜日) 午後1時から5時
場所 富山国際会議場 3Fメインホール
プログラム
 特別講演   堀田 饒・名古屋大学名誉教授(日本糖尿病協会理事)
 トークショー 柴田理恵さん
シンポジウムには、歯科医師もシンポジストとして参加します。

事前申込制ですので、FAXまたはメールでの申し込むが必要です。
FAX 076―445―3338
https://www3n.sppd.ne.jp/j-tac.com/jadec_symposium/

昨年3月に開催予定だったシンポジウムの参加証は無効ですので、改めて申し込みが必要です。

問い合わせ先
 「糖尿病シンポジウムin富山」運営事務局
 (株)PCO 076-461-7028

糖尿病シンポジウムin福井

糖尿病シンポジウムin福井(山田歯科医院)

糖尿病の予防と治療について、正しい知識を身に付けることを目的として、糖尿病シンポジウムが福井市で、10月14日に開催されます。
昨年3月には、富山でも開催される予定でしたが、東日本大震災のために中止となりましたが、本年11月18日に女優の柴田理恵さん(八尾町出身)をゲストに迎え、富山国際会議場で開催されます。

日本糖尿病協会Facebookページ

日本糖尿病協会(山田歯科医院)

日本糖尿病協会は、このほどFacebookページを開設しました。
健康豆知識や、毎日の食事のヒントが掲載されています。
糖尿病予防のためだけでなく、健康な生活を送るためのヒントの一つとして活用してください。
https://www.facebook.com/nittokyo

糖尿病治療ガイド2012-2013

糖尿病治療ガイド(山田歯科医院)

日本糖尿病学会は、糖尿病治療ガイド2012-2013を発行しました。
今回は、本年4月より変更された、HbA1c表記の国際標準化に対応しています。
歯科に関する記述は、残念ながら2010年版とは変わりはありません。

新HbA1c

新HbA1c(山田歯科医院)

4月1日から、HbA1cの表記が変わります。
これまでよりも、およそ0.4%高く表示されます。

HbA1c値を国際標準値に統一

糖尿病の検査の一つであるHbA1cの検査値の表記については、日本独自のJDS値と、国際標準のNGSP値とでは差異があり、国際学会・論文・臨床報告等で不都合が多いことから、日本糖尿病学会ではNGSP値に統一することを決定し、平成22年7月1日より論文等で国際標準値の使用を開始していましたが、日常臨床での使用を平成24年4月1日から開始することをこのほど決定し詳細を発表しました

本年4月1日からは、日常臨床では原則として検査値はNGSP値で表示されますが、混乱を避けるため当分の間JDS値が併記されます。

従来のJDS値での比較をする場合の変換公式は
NGSP=1.02×JDS+0.25
JDS=0.98×NGSP―0.245
ですが、概算は次のようになります。
NGSP値5.2%以下  : JDS=NGSP―0.3
NGSP値5.3~10.2% : JDS=NGSP―0.4
NGSP値10.3~15.2% : JDS=NGSP―0.5

なお、特定健診・保健指導では平成25年3月31日まではJDS値のみが表示されます。

歯周病の治療をすると糖尿病の状態は改善するか?

医療情報サービスは11日、「糖尿病患者の歯周病」に関するトピックスを公開しました。
大阪大学口腔治療学教室の北村正博氏らが「歯周病の治療をすると糖尿病の状態は改善するか?」という疑問に対し、日本人を対象とした研究で歯周病治療により糖尿病が改善した結果が出ているものの、現状では、まだエビデンスの集積が不十分で、平成19年より広島県歯科医師会と広島大学大学院医歯薬総合研究科が共同で行っている、糖尿病と歯周病の関連に関する大規模な調査(Hiroshima Study)などの、大規模研究の結果に期待すると結論付けています。

糖尿病シンポジウムin富山 中止のお知らせ

日本糖尿病協会では、昨今の地震による影響を鑑み、安全を最優先に考慮した結果、
3月21日(月・祝)福岡、3月27日(日)富山で開催する予定だった「糖尿病シンポジウム」を
中止することになりました。
http://www.nittokyo.or.jp/kinkyu_110316.html