FC2ブログ

富山市歯科医師会新春を寿ぐ会(おすすめ料理)

来る1月10日(土曜日)、新装なった富山第一ホテルで「富山市歯科医師会新春を寿ぐ会」が開催されます。
先日の打ち合せ会で、特に注目を浴びた料理2品。
白エビのムース
岩瀬の有名料亭の白エビ200匹使った福団子に勝るとも劣らぬ甘みと旨みがあります。
IMG_48931_convert_20081216125018.jpg
七草のリゾットを添えたローストビーフ
とろけるような和牛のローストビーフに、七草粥をイメージした、ごく薄味の七草リゾットが添えてあります。
おせち料理で疲れた胃袋も七草で癒されます。
IMG_4902_convert_20081216124755.jpg
多くの先生方のご参加をお待ちしております。

授乳中のお薬の服用と歯科治療について

国立育成医療センターが、授乳中に服用した場合、安全性が確立しているお薬と、有害性が確立しているお薬の表を公表しています。
これらの表は、さまざまな最新の医学的研究報告に基づいて作成された、医学的根拠に基づいた情報です。
かぜ薬や一般的な抗生物質をはじめ慢性疾患のお薬まで、母乳を飲ませても赤ちゃんに問題にならないお薬が、あげられています。
当院で、歯科治療の際に処方するお薬は、すべてこの「授乳中に使用しても問題ないとされる薬剤の代表例」の表に含まれています。
授乳中のお母さんも、安心して歯科治療を受けていただくことが出来ます。

●授乳中に使用しても問題ないと考えられる薬剤代表例一覧(PDFファイル151KB)
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/common/pdf/junyu-ok.pdf

●授乳中に使用できない薬剤の代表例一覧(PDFファイル58KB)
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/common/pdf/junyu-no.pdf

●国立育成医療センター
http://www.ncchd.go.jp/index.php

東京歯科大学講義

母校、東京歯科大学で微生物学の講義をしてきました。
講義の内容は、「腸管感染症」。
大学院で、赤痢菌の病原因子を研究していたため、この約20年大腸菌や赤痢菌など腸管感染症(食中毒による下痢など)に関する講義を行っています。
腸管出血性大腸菌(O-157など)による食中毒は、1996年の大流行のような事例はなくなっていますが、いまなお年間4000例を超える感染事例が発生しています。
歯科医師といえども、基礎医学では、このような一般医科に関することも勉強します。
なんと、学生に講義中のひとコマを、“盗撮”されてしまいました。
盗み撮り