FC2ブログ

200,000km達成!

20万km(山田歯科医院)

本日、愛車の走行距離が、200,000kmを超えました。
登録からおよそ10年、よく走ってくれたものです。
ピンと来る後継車が、なかなか見つかりません。
もうすこし、頑張ってください。

日食

7月21日食甚(山田歯科医院)

日本中を、大騒ぎさせた日食の撮影に成功しました。
富山県での食甚(74%)、11時7分の映像です。
厚い雲がかかり、観察できないのではないかと心配されましたが、
一瞬の雲の切れ間から、まさに食甚の瞬間を捉えることができました。
日食は、ほぼ6ヵ月ごとに地球上のどこかで観察されますが、皆既日食と金環食は稀です。
2012年5月21日には、九州トカラ列島から関東南部の太平洋沿岸で金環食が観察できます。(富山は部分食)
また、2035年9月2日には、富山県を含む能登半島から茨城県を結ぶ一帯で皆既日食が観察できます。

鵜飼

鵜飼(山田歯科医院)

昨日、富山市歯科医師会の会員・家族旅行で、長良川鵜飼を見学に行ってきました。
富山を朝出発し、鵜飼が始まる時刻までは、土岐アウトレットモール日帰り温泉で、思い思いの時間を過ごした後、夕刻鵜飼観光船の船着場へ向かいました。
途中、車外の雨脚の強さを見るにつけ、鵜飼の中止もあるのではないかとの危惧されましたが、中止の水位まであと50cmというぎりぎりのところで、鵜飼は何とか開始されました。
ただ、残念なことに、川の流れがあまりにも速かったため、「狩下り(かりくだり)」やクライマックスの「総がらみ」とも、1300年来の風情をゆっくりと味わうには鵜飼舟の速度が少々早すぎたのが悔やまれましたが、「おもしろうて やがてかなしき 鵜舟かな」の世界の一端は、十分窺い知ることができました。
今回は、ご家族での参加が多く、40名を超える皆さんとともに、大変充実した時間を過ごすことができました。
深夜12時近い帰着までお付き合いいただきました小さなお子さまがたや大長老水野誓夫先生、どうもありがとうございました。

歯科疾患の予防等による口腔の健康の保持の推進に関する法律案

昨15日、衆議院に「歯科疾患の予防等による口腔の健康の保持の推進に関する法律案(衆法:提出回次171番号53)」が、提出されました。
この法律案は、「口腔の健康が国民が健康で質の高い生活を営む上で基礎的かつ重要な役割を果たしているとともに、国民の日常生活における歯科疾患の予防に向けた取組が口腔の健康の保持に極めて有効であることにかんがみ、歯科疾患の予防等による口腔の健康の保持の推進に関し、基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、口腔の健康の保持の推進に関する施策の基本となる事項を定めること等により、口腔の健康の保持の推進に関する施策を総合的に推進し、もって国民保健の向上に寄与すること」を目的としているもので、議員立法ですが、永年その制定が望まれ続けている歯科医療に関する基本理念法案です。

一方、民主党も本年4月に「歯の健康の保持の推進に関する法律案(参法:提出回次171番号13)」を参議院に提出しています。
この法律案の目的にも、「この法律は、歯の健康の保持が高齢者をはじめとする国民の健康と質の高い生活を確保するために重要であり、かつ、歯の健康が日常生活における適切な処置等により保持することができるものであることにかんがみ、歯の健康の保持の推進に関し、基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、歯の健康の保持の推進に関する施策の基本となる事項を定め、もって国民保健の向上に寄与することを目的とする。」とあり、基本的な考え方には大きな相違はありません。

両案とも、昨今の政治情勢で廃案になることは確実ですが、予防に重点を置いた歯科医療を推進していくためにも、歯科医療に関する基本法の早急な制定を望みたいものです。



「劔岳 点の記」 3

仲村トオル 点の記(山田歯科医院)

映画「剱岳 点の記」で、仲村トオルさん扮する小島烏水が携行している登山用具の中に、見慣れないものがあります。
映画の中で小島烏水は、ヨーロッパ製の最新用具を揃えて、剱岳初登頂に挑む設定になっていますが、この見慣れない道具は “ステッキチェア”といって、散歩のお供にステッキとして使い、疲れたら広げてチョットひと休みのための椅子に用いられたもので、決して登山用具ではありません。

ステッキチェア使用例(山田歯科医院)

英国では競馬観戦のときに、よく用いられていました。
本革の座面がそっと体を支えてくれ、どっしりと体重を掛けても重厚な安定感があります。
散策の途中で、ゆっくりと眺めていたい美しい風景を見つけたときに、心穏やかになる素敵な時間を演出してくれる、心憎い一品です。

ステッキチェア(山田歯科医院)

実は、映画に出てきたステッキチェアと同じものを、ずいぶん前から愛用しています。
ゴルフトーナメントの観戦に行ったとき、フェアウエーを外れた木陰で一休みするには、絶好のアイテムなのです。


第15回富山県「いい歯 カムカム すこやか大賞」

いい歯カムカムすこやか大賞(山田歯科医院)

富山県と富山県歯科医師会では、富山県歯の健康プラン活動の一環として、第15回富山県「いい歯 カムカム すこやか大賞」の参加者を募集しています。
「80歳で20本以上の歯を保とう」という8020運動を、多くの県民のみなさんに認知していただくために、80歳で自分の歯を20本以上持つ方々を表彰するというイベントです。
お知り合いに、何でもバリバリ食べることができる元気なおじいちゃん・おばあちゃんがいらっしゃいましたら、このような表彰制度があることを是非教えていただきたいと思います。
直接窓口に応募されても結構ですが、県内各歯科医院からも該当される方々を推薦しています。
お気軽にご相談ください。

富山歯科総合学院学生募集

富山歯科総合学院学生募集(山田歯科医院)

富山歯科総合学院では、本日7月4日、第1回目のオープンキャンパスを開催します。
歯科医療は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士のチーム医療であるにもかかわらず、
近年、歯科医療を支えるこれらの歯科衛生士・歯科技工士を希望する方々が、減少しています。
特に、歯科衛生士は、養成課程が2年制から3年制に移行してから、応募者が激減していることが、深刻な問題となっています。
このままでは、歯科医療が崩壊しないとも限りません。
「歯科衛生士・歯科技工士って何?」と、ちょっとでも思ったら、富山歯科総合学院を覗いてみてください。
興味深い、新たな世界が広がっています。

オープンキャンパス
第一回 平成21年7月 4日(土)
第二回 平成21年7月30日(木)
第三回 平成21年9月 5日(土)

富山県内各歯科医院でも、富山歯科総合学院の学校案内を入手することができます。