FC2ブログ

児童虐待防止推進月間

児童虐待防止推進月間(山田歯科医院)

「守ろうよ 未来を見つめる 小さなひとみ」
この標語のもとに、児童虐待防止推進月間が、11月1日から始まります。
これは、平成12年11月に児童虐待防止法が施行されたことから、この月を「児童虐待防止推進月間」と定め、児童虐待防止のための広報・啓発活動など種々な取組を集中的に実施することにより、家庭や学校、地域など社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解が得られることを目的とするものです。
歯科においては、多数の齲蝕放置や口腔清掃不良など、ネグレクトを疑わせる状態を検診等でチェックする役割があります。
幼い命と心を守るためにも、小さなサインを見逃さないやさしい眼差しが必要です。

「剱岳 点の記」 5

当選通知(山田歯科医院)

剱岳点の記」を3回以上観て応募する、「リピート鑑賞富山市ゆかりの賞品プレゼントキャンペーン」に見事当選し、木村大作監督のサイン入りポスターが送られてきました。
11月14日には「剱岳撮影の記」が公開され、12月11日にはDVDも発売されます。
今年いっぱい剱岳マイブームが続きます。

剱岳点の記ポスター(山田歯科医院)

鎌田實「命の対話」

近畿北陸地区歯科医学会大会(山田歯科医院)

本日、石川県立音楽堂第61回近畿北陸地区歯科医学大会が開催されました。
一般市民にも公開して行われた、鎌田實諏訪中央病院名誉院長の「生とは何かを見つめて」と題した基調講演は、涙なくしては聞くことができない感動の連続の講演でした。
先生の数多くの著書にもあるように、先生は命は三つのつながりに守られていると考えていらっしゃいます。一つめは人と人とのつながり、二つめは人と自然のつながり、三つめは体と心のつながりです。この三つのつながりのどれが傷ついても生きてゆく上で、命のピンチがやってくるということです。
そして、このつながりの基本にあるのは、「食べること」なのです。
生きることとは食べることとの戦いそのものであり、人はもっと自分の口から食べることに執着しなければならないと、先生は数多くの命を看取ってきた経験からお話しされました。
そして、そのためにももっと歯を大切にし、それぞれの年齢・環境に応じた口腔機能を維持することが、いかに大事なことであるかということを話されました。
寝たきりの方々や障害を持つ方々の口腔ケアの重要さを、歯科医師以上に実経験として理解していらっしゃる先生のお話には大変重いものがあり、私たち歯科医療人こそもっともっと鎌田先生のようにフィールドに出てゆかなければ、「富山市歯科医師会訪問歯科診療推進長期総合計画」のようなものも、机上の空論に終わってしまうという強烈な警鐘となる講演でした。

口腔がん

今月はじめ、富山県歯科医師会・富山市歯科医師会が、あいついで「口腔がん」に関する講習会を開催しました。
「口腔がん」は、歯肉・粘膜・舌・あごの骨などにできる悪性腫瘍です。
「口腔がん」は、胃がんなどと違って直接自分の目で見ることができます、そのため、早期発見が容易であると考えられがちですが、多くの症例が進行したがんの状態まで見逃されていているのが現状です。
早期に発見すればするほど、口腔機能が保持しやすくなります。
当日の配布資料の中に、「口腔がん」早期発見チェックシートがありました。
一年に一度は、自分の口をチェックしてみましょう。

「口腔がん」発見チェックシート
1. 一日タバコを40本以上吸う(または一日本数×喫煙年数が1000以上である)
2. 毎日、日本酒を3合以上飲む
3. 口内炎が、2週間以上治らない
4. 抜歯した傷が治らない
5. 噛んだ傷が治らない
6. 入れ歯があったってできた傷が治らない
7. 最近、歯が浮くような感じがする
8. 白っぽいできものがある
9. 赤くただれている
10.かたいシコリをふれる
11.舌が動かなくなった
12.口が開きにくくなった
13.下唇や舌がしびれる

1または2に該当する方で、3以降の項目にひとつでも当てはまる項目があれば、大学病院や病院の歯科口腔外科に相談してみてください。

神通峡美術展

神通峡美術展(山田歯科医院)

芸術の秋到来!
3年に一度の神通峡美術展が、いよいよ週末17日より開催されます。
夏には花火大会の会場だった猿倉山広場は、この秋は芸術の広場に変身します。
作品の搬入・展示も完了しました。
深まりゆく秋の景色を背景に、独創的な作品の数々をお楽しみください。

神通峡美術展2(山田歯科医院)

ハードディスク・クラッシュ

いつも使っているノートパソコンのハードディスクがクラッシュしてしまいました。
保存していたファイルや画像はすべて復旧できましたが、なぜか保存メールとアドレス帳の内容だけは、きれいに吹っ飛んでしまって、復旧できませんでした。
従前の古いパソコンを使って、何とか凌いでいますが、遅くて・遅くて……
とくに、アドレス帳が最新でないことには、本当にマイッテいます。
こまめなバックアップは、本当に大事だと、つくづく思い知らされました。(反省)

富山市ひとり親家庭等医療費助成制度

富山市ひとり親家庭等医療費助成制度1(山田歯科医院)

富山市は、「ひとり親家庭等医療費助成制度」を設けて、 ひとり親家庭等(母子・父子・養育者)で、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童を養育している母、もしくは父、または、養育者とその児童(0歳児を除く)が保険診療を受けた際に、医療機関などの窓口に支払う医療費(保険診療報酬一部負担金)を助成しています。
10月1日から、この制度を受けている方々の受給資格証が変更になりました。
受診の際は、新しい資格証をご提示してくださいますようお願いいたします。

富山市ひとり親家庭等医療費助成制度2(山田歯科医院)

成人歯科検診プログラム

日本歯科医師会はこのほど、「標準的な成人歯科検診プログラム・保健指導マニュアル」を作成して、国民に公開しました。
これまで歯科健診における歯科医師の役割は、主として口腔内診査でしたが、この新しい歯科健診は、20の質問に回答することで従来の疾病発見型から、受診者に必要な類型化を行う支援型歯科健診へと転換するものです。
このプログラムの対象は事業所等の集団を想定していますが、個人でも定期的に質問事項に答えることで、自分の口腔保健パターンが類型化され、自らの口腔保健行動目標を設定することができます。
口腔保健はハミガキだけではありません。
これからは、自分の口腔保健目標の達成のために。歯科医師や歯科医院を利用する時代に変わってゆきます。
プログラムは、無料でダウンロードできます。是非一度試してみてください。

Q1 現在、ご自分の歯や口の状態で気になることはありますか
2.いいえ ・1.はい

Q1-2 Q1 で「はい」の場合、該当するもの全てに○をつけてください
1.噛み具合、2.外観、3.発話、4.口臭、5.痛み、6.その他

Q2 ご自分の歯は何本ありますか
2.2 0 本以上 1.1 9 本以下

Q3 自分の歯または入れ歯で左右の奥歯をしっかりとかみしめられますか
1.左右両方かめる・2.片方・3.両方かめない

Q4 歯をみがくと血がでますか
3.いいえ ・2.時々・1.いつも

Q5 歯ぐきが腫れてブヨブヨしますか
3.いいえ ・2.時々・1.いつも

Q6 冷たいものや熱いものが歯にしみますか
3.いいえ ・2.時々・1.いつも

Q7 かかりつけの歯科医院がありますか
1.はい ・2.いいえ

Q8 仕事が忙しかったり休めず、なかなか歯科医院に行けないことがありますか
2.いいえ ・1.はい

Q9 現在、次のいずれかの病気で治療を受けていますか
2.いいえ ・1.はい

Q9-2 Q9 で「はい」の場合、該当するもの全てに○をつけてください
1.糖尿病、2.脳卒中、3.心臓病

Q10 家族や周囲の人々は、日頃歯の健康に感心がありますか
1.はい ・2.どちらともいえない・3.いいえ

Q11 自分の歯には自信があったり、人からほめられたことがありますか
1.はい ・2.どちらともいえない・3.いいえ

Q12 普段、職場や外出先でも歯を磨きますか
1.毎回 ・2.時々・3.いいえ

Q13 間食(甘い食べ物や飲み物)をしますか
3.いいえ ・2.時々・1.毎日

Q14 たばこを吸っていますか
2.いいえ ・1.はい

Q15 夜、寝る前に歯をみがきますか
1.毎日 ・2.時々・3.いいえ

Q16 フッ素入り歯磨剤(ハミガキ)を使っていますか
1.はい ・2.いいえ ・3.わからない

Q17 歯間ブラシまたはフロス(糸ようじ)を使っていますか
1.毎日 ・2.時々・3.いいえ

Q18 ゆっくりよく噛んで食事をしますか
1.毎日 ・2.時々・3.いいえ

Q19 歯科医院等で歯みがき指導を受けたことはありますか
1.はい ・2.いいえ

Q20 年に1回以上は歯科医院で定期健診を受けていますか
1.はい ・2.いいえ