FC2ブログ

「糖尿病合併症に歯周病」

「糖尿病合併症に歯周病」と題したコラムが、本日(平成22年1月27日)の北日本新聞13頁に掲載されています。
やはり、メディアによる広報には、インパクトがあります。
これを契機として、一人で多くの方に、口腔ケアの重要性を認知していただきたいものです。

糖尿病は、がんの発生リスクが増加する

 先日開催された、第44回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会(1月9日~10日)で、国立国際医療センター戸山病院糖尿病・代謝症候群診療部の能登洋先生は、「日本人において糖尿病は癌発生の危険因子か?」に対するメタ解析結果について、日本人の糖尿病患者では全部位・肝臓・子宮体部の発癌リスクは、有意に増加しているとの結果を報告しました。
 能登先生によると、各種医学文献検索サイトから、糖尿病患者の発がんリスクを報告した文献についてメタ解析を行ったところ、全部位に関しては、250,479人(男性42%、女性58%)に対して、1.7倍の発がんリスクの増加が認められました。
また、臓器別では、肝臓がんは3.64倍、子宮体がんは3.43倍と、それぞれ有意な発がんリスクの増加が認められました。
 能登先生は、「日本人の糖尿病患者で発がんリスクの増加が示唆され、がんの予防・早期発見の面からも糖尿病治療を考える必要がある」と述べ、糖尿病治療薬の選択や有効ながん検診法の確立についても今後の課題と強調して演題を終えられました。
 歯周病を治療することで、糖尿病が改善することが種々の機関から報告されています。糖尿病による発がんリスクを低下させるためにも、口腔ケアをきちんと行うことが肝要であると考えます。

たべキリン

たべキリン(山田歯科医院)

明日、恒例の「富山市歯科医師会 新春を寿ぐ会」が開催されます。
富山市歯科医師会では、6年前から宴会での食べ残しを少しでも減らすことを目的として、
器・食材・メニュー等にさまざまな工夫を凝らしています。
昨年の新春を寿ぐ会では、驚くほどの完食でした。
今年は、富山市から“たべキリン”が来場し、みなさんのお伴をします。
歓談と共に、どうかお料理も十分にお楽しみください。

大雪

大雪(山田歯科医院)

大晦日から降り続いた大雪で、元日早々、除雪に追われました。
一晩で、腰の高さ近くまで降り積もるのは、久しぶりで、小型除雪機では全く捗りません。
ただ、こんな雪でも、スキー場には格好の天の恵みです。
昨日は、絶好のスキー日和で、初滑りを満喫することができました。
雪は、スキー場だけで十分です。

初滑り(山田歯科医院)

謹賀新年

                  山元櫻月

あけましておめでとうございます。
本年もどうかよろしくお願いします。