愛知学院大学講義

愛知学院講義(山田歯科医院)

今年も、愛知学院大学へ講義に行ってきました。
冒頭、吉村教授から過分な紹介をしていただくのですが、
今年の学生さんは息子が3年前に受験した学年とあって、(残念ながら通っていません)
いつもにも増して、ご丁寧なものでした。
それに反して、滑舌がとても悪く、講義が尻切れトンボに終わってしまうという大失態を演じてしまいました。
学生諸君、どうもすいません、教科書で十分に復習をしてください。
今回は、教室の方による“公式撮影“です。

風間くんの“ヒミツ”だゾ~

クレヨンしんちゃん(山田歯科医院)

6月4日は、「虫歯予防デー」だゾ~。
今年も、この「虫歯予防デー」にちなんで、
6月6日(日曜日) 「アルプラザ小杉」 1F セントラルコートで、
歯っぴーフェスタ8020」が、開催されるゾ~。
クレヨンしんちゃんが、正しい歯科保健知識を、解説するけど、
5歳の幼稚園児にできるかどうか、心配だゾ~!

ジェネリック医薬品へ移行

ヨウフェナック錠(山田歯科医院)
これまで、当院で鎮痛剤(痛み止め)として処方していた「ボルタレン錠」を、5月からジェネリック医薬品である「ヨウフェナック錠」に変更しました。
効能・成分や使用上の注意は「ボルタレン錠」と同じです。
この薬を製造販売をしているのは、アイススケート選手村主章枝さんのスポンサーになったことで、一躍有名になった富山の製薬会社「陽進堂」であることは、購入して初めて知りました。
なんとなく、私もスポンサーの一翼を担っている気分です。

富山市節目検診

富山市節目検診(山田歯科医院)

今年も、歯周疾患節目検診が始まります。
歯周病は、糖尿病のみならず、メタボリックシンドロームにも関係しているといわれています。
これを機会に、お口の定期検診をライフサイクルに入れてみてください。

スカイバス東京

スカイバス東京(山田歯科医院)

15年ほど東京に住んでいましたが、一度も都内遊覧を体験したことがありません。
帰りの電車までの余裕を利用して、スカイバス東京で皇居・銀座周辺観光を初体験しました。
何度も見たことがある建物や風景も、屋根に遮られることなく眼前から頭上に迫ってくると、これまでとは全く違ったものを見ている感じがします。
爽やかな風を頬に受けながら、大東京のダイナミックな景観を余すことなく堪能しました。
圧巻は、電車の轟音の中、高さ制限3.8mのガード下を高さ3.8mのスカイバスが、すりぬけるときです。

あ!ぶつかる(山田歯科医院)

OZAWA

白金台プラチナストリート(山田歯科医院)
東京大学医科学研究所西門前の外苑西通りは、いつの頃からかプラチナストリートと呼ばれるようになり、バブル華やかなりしころ、トレンディードラマのロケ地ともなり、多くのオシャレな店が軒を連ねている通りです。
そのうちの一軒、「OZAWA」を再訪するのが、今回の旅の最大の目的です。
OZAWA(山田歯科医院)
開店当初から、折に触れて伺っていたのですが、富山に引越し・子供が生まれてからは、全く足が遠のいてしまっていました。
“子供たちのフランス料理デビューは、是非ともこのお店で”と決めてはいたのですが、
恐るおそる電話してみると、なんと昔のままで営業しているとのことで、即座に予約。
これもまた、およそ20年ぶりの再会となりました。
店内の様子も、美味しいご馳走も何もかも懐かしく、なんともいえない至福の時間を過ごすことが出来ました。
小沢貴彦シェフの話では、この通り沿いで20年間変わらず営業している店は、「OZAWA」を含めて、3店だけだそうです。
改めて20年という時の流れの大きさを感じざるを得ません。
小沢シェフ(山田歯科医院)
もうひとつ大きな時の流れを実感したのは、小沢シェフの髪の毛です。(他人の心配をする余裕は私にはありません…ぼやき)

東京大学医科学研究所

東京大学医科学研究所(山田歯科医院)
およそ20年ぶりに、東京大学医科学研究所を散策してきました。
昭和9年(1934年)に完成した1号館は、今でも現役です。
大学院での4年間、1号館3階の細菌研究部での研究生活も、今となっては懐かしい思い出です。
東京大学医科学研究所1号館(山田歯科医院)
細菌研究部は新たに細菌感染分野となって新しい研究棟に移り、
昔使っていた部屋は、いまは別の研究室が利用しています。
東京大学医科学研究所食堂(山田歯科医院
何より時の流れを感じたのは、生協食堂です。
プレハブ平屋建てのうす汚い建物が、なんと2階建ての立派な食堂に変身していました。

国宝「燕子花図屏風」展

燕子花図屏風(山田歯科医院)

昨年の改築後、一度は訪れてみたいと思っていた、根津美術館へ行ってきました。
根津美術館が収蔵する7点の国宝のうち、「燕子花図屏風」の展示に、多くの観覧者が来館していました。
根津美術館のもうひとつの目玉は、都心とは思えない静寂に包まれた回遊式庭園です。
折りしも、かきつばたが、ちょうど見ごろになっていました。

根津美術館(山田歯科医院)