FC2ブログ

平成21年人口動態統計

9月2日に厚生労働省が発表した平成21年人口動態統計(確定数)によりますと、平成21年の死亡者数は114万1865人で前年に比べ542人減少しました。
死因別の死亡者数では、「悪性新生物」が34万4105人(30.1%)で最も多く、以下「心疾患」、「脳血管疾患」の順で、この死因順位はここ数年間は変わっていません。

「悪性新生物」で亡くなった方のうち、「口唇、口腔及び咽頭の悪性新生物」で亡くなったっ方は6546人で前年に比べ37人減少しましたが、人口10万対死亡率は5.2で前年と同じでした。
男女別死亡者数は、女性1859人に対し男性は4687人と2.5倍で、人口10万対死亡率では女性が2.9に対して男性は7.6であり2.6倍高くなっています。
この数字は、飲酒・喫煙が口腔がんのリスクファクターであるということを如実に反映していると思われます。

口腔がんは、自分自身で観察することができるガンなのですが、受診される患者さんの多くは末期になってしまっています。
早期発見・早期治療が良好な予後につながる唯一の道です。
富山市歯科医師会が作成したパンフレットには、口腔がんに関する簡単な解説とセルフチェック項目が記載されています。
市内各歯科医院にありますので、一度手にとって、ご自分のお口を観察してみてください。
また、このパンフレットは11月14日に開催される、「健口フォーラム2010」の会場でも、来場された方々に配布されます。

街の灯

サーカス(山田歯科医院)

またひとつ、街の灯が消えました。

健口フォーラム2010

よ坊さん富山県(山田歯科医院)

富山県歯科医師会は「噛んでのばそう健康寿命」と題して、一般市民の方々を対象に公開講座を開催します。
健康の基本は自分の歯でおいしく食べること、ということをコンセプトに、
生涯を通じで自分の歯を保持するための基本的な生活習慣に関して中垣晴男先生に、
江戸時代の歯医者さんの様子を和田はつ子先生に講演していただきます。
お一人でも多くの方々の聴講をお願いします。
なお、詳細なパンフレットは当院にありますので、お気軽にお問い合わせください。

日時 平成22年11月14日(日曜日) 午後1時から午後4時
場所 富山県民共生センター サンフォルテ2階ホール
    (JR富山駅北口徒歩約10分)
入場無料です。

「スーパー細菌」(4)

ほとんどすべての抗生物質に耐性を示す、「NDM-1」という遺伝子を持っている菌が、日本国内で検出されていたことが明らかになりました
この「NDM-1」と名付けられた遺伝子は、プラスミド上にコードされているため、容易に他の菌にその形質が転移される可能性があります。
今回、獨協医科大学で検出された菌の保菌者は、昨年5月に同病院に入院していることから、この1年4か月の間に、原病原菌から他の菌へこのプラスミドが転移している可能性が、十分に考えられます。
すなわち、「NDM-1」遺伝子を持つ細菌は一種類ではないということです。

我が国は、この新たな耐性病原菌の脅威に、直面しなければならない状況に陥ってしまいました。
幸いなことに、この患者さんはすでに回復して、退院しています。
この患者さんに対する5ヶ月間の治療経過は、今後の対応に大いなる示唆をもたらすことでしょう。

がん患者の口腔ケアで医療連携

9月1日の日本経済新聞によりますと、国立がん研究センター(嘉山孝正理事長)と日本歯科医師会(大久保満男会長)は8月31日、がん患者の治療前の口腔ケアなどを地域の歯科医療機関に依頼して実施することを目的とした「がん患者歯科医療連携合意書」の調印式をおこないました。

来年早々から、国立がん研究センターで全身麻酔手術を受ける東京近郊と山梨県の年間約4000人の患者さんを対象に、講習を受けた歯科医が、これらの患者さんの口腔ケアを行うことになります。
また、5年後には全国のがん医療連携拠点病院と歯科医療機関との連携を行うことも、目指しています。

がん治療には、さまざまな口腔合併症が発症しますが、同センターでの手術の決まっている患者さんの口腔ケアを、「連携講習会」を受けた地域連携歯科医師が担当します。
地域連携歯科医師は必要な口腔ケアや歯科処置を行ったり、病棟看護師に対して口腔内の情報を提示してケアをアドバイスするなどして、患者はがん治療を受けます。
また、患者さんの退院後も、地域連携歯科医師が口腔ケアを定期的に担当しますが、その際にがんセンターから歯科処置に必要な診療情報を地域連携歯科医師に提供するという医療連携です。
今年の連携講習会は、山梨を皮切りに、東京、埼玉、千葉、神奈川で開催される予定で、歯科医師らは現在のがん治療の基本的な考え方とがん化学療法の基本的な知識や、がん患者とのコミュニケーション方法などの講習を受けます。

嘉山理事長は「口腔ケアで予後まで良くなり、患者に益することだ。(この医療連携が)モデルケースとなって全国に普及することが合意の意義」としています。
また、大久保会長も「口腔内を清潔にすることで、がん患者の生きる力を支援したい。専門家同士の連携は困難があると思うが、克服していきたい」と意欲を見せた。

医療連携は、糖尿病の分野でようやく始まったばかりです。今回の医療連携のようにさまざまの分野に広がることが、患者さんのQOLの向上につながることは間違いありません。

「歯みがきサロン」について

厚生労働省は、8月23日“いわゆる「歯みがきサロン」等について”という通知を、各都道府県に対して発しました。
富山市を含め、各地で歯科衛生士が単独で「ティースケア」を業務とする事業所が設立されていますが、その業務形態に対して警告を発したものです。

通知の内容は、以下のとおりです。

現在、歯石・バイオフィルムの除去やホワイトニング等を行うことをうたった、いわゆる「歯みがきサロン」において、歯科医師若しくは歯科衛生士でない者が歯科衛生士法(昭和23年法律204号)第2条第1項の業務を行い、又は歯科衛生士が歯科医師の直接に指導を受けずに同業務を行っているとの情報が寄せられているところである。
歯科衛生士法第2条第1項の業務については、同法第13条により、歯科医師又は歯科衛生士でなければ行うことができない。また、歯科衛生士が同業務を行う場合には、歯科医師の直接の指導の下に行わなければならない。
以上につき、周知を図られるようお願いする。