FC2ブログ

とやまっ子 子育て応援券

とやまっ子子育て応援券(山田歯科医院)

富山県が行っている「とやまっ子 子育て応援券」の利用範囲が拡大され、歯科医院で行うフッ素塗布にも利用できるようになりました。
当院でも、平成20年4月1日以降に生まれたお子さんのフッ素塗布に、この「とやまっ子 子育て応援券」を利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

伊勢神宮

伊勢神宮(山田歯科医院)

今年も、恒例の伊勢神宮参拝に行ってきました。
早朝の凛とした空気の中、朝焼けに染まる雲一つない大空の下、玉砂利の音だけが響くほとんど人のいない参道を進んでゆくと、いつもは順番待ちの人でぎっしりと人の列ができている内宮前の石段も人一人いません。
ゆっくりと時間をかけて、わが国のこれからをお願いすることができました。

東日本大震災3

救援用歯ブラシ(山田歯科医院)

富山市歯科医師会は、この度の東日本大震災に被災された方々に、歯ブラシを22,800本送ることになりました。600本入りダンボール箱で、38箱にもなります。
市内の歯科材料商3社・歯ブラシの製造業者・運送業者の皆さんにご協力を頂き、わずか3日でこれだけの歯ブラシを調達することができました。
富山県に委託し、宮城県に送られることになっています。
厳しい避難生活を強いられている方々の、口腔衛生の向上のお役に立つことができればと祈念しています。

東日本大震災2

岩手県盛岡市在住の同級生から、被災地の現況を知らせるメールが来ました。
テレビや新聞では決して報道されることのない、生の現地の状況です。
涙なしには、読むことができません。以下、彼のメールを転載します。(カッコ内は私の註です)

一昨日、県歯科医師会がらみで、ご遺体の身元確認のため被災地の釜石市に行って来ました。
テレビ等で崩壊した街並みを見て心の準備はできていたつもりですが予想以上でした。
まるで映画の風景です。莫大な予算をかけた戦争映画です。

安置所は計4か所回りましたが、1か所の中学校の体育館はすでに満杯でした。
他の2校の体育館にもご遺体が続々搬入されており、地元の歯科医師会の先生方が、自分の家、診療所が流されているにもかかわらず確認作業をしていました。
私は県警から指示された紀州造林という大きな倉庫で確認作業をしましたが、確認終了した遺体が約80体、検視が終了していないご遺体が約200体ありました。
検視待ちという状態でしたが、昼から日没まで26体を確認させていただきました。
幸いにも埼玉県警の方々がご遺体をきれいに洗ってくださって、いい条件で確認出来ました。
前日から雪も降りだす天候で、気温は日中でもほぼ0度。
「非常時持ち出し袋」を背負ったまま亡くなった方もいたり、免許証を持っている方もいたりと、みんながみんな身元がわからないというわけではなかったのですが、4,5歳の女の子と2歳の女の子をおんぶしたまま見つかったご遺体を見た時は涙出ました。
3人全員カリエス無しでお母さんがどんなに手をかけて可愛がったかわかるような気がしました。

山田町は漁港なので牡蠣の養殖用のイカダやら網にたくさんのご遺体が引っかかったままのようです。
大槌町は4割が焼死体で皮膚がカサカサと剥げ落ちる状態とのことでした。
いくら焼死体と言え損傷をを与えず確実なデンタルチャートの作成は困難の極みです。
法歯学の花岡先生(東京歯科大学法歯学講座准教授)の教え通りダブルチェックは無理でしたが現状で出来る範囲最大限努力してきたつもりです。

カルテもパントモ(口腔全体を撮影したレントゲン写真)もすべて流されているのに無駄だ、というご意見もあるようですが、日本人のご遺体に対する執着は世界でも珍しいほどだ、とも聞いたことがあります。
1万人の中の1体でもそれが手掛かりでご遺族の手に渡れば無駄な努力ではないと思ってます。
週明けには燃料も徐々に届くという話ですが、一般車両が増えれば緊急車両の通行もままなりません。
物資を届けたくてもそこにたどり着けないということが今一番歯がゆいんです。
避難所はカビ臭いというか独特の臭いで長時間は厳しいですよ。

おそらく数日、歯を磨いていない人たちの口臭の影響もあると思います。
県、市歯科医師会でも避難所に歯ブラシの提供をしていますがどうにも足りません。
日歯(日本歯科医師会)から大量に届く予定とのことですがいつになるか。今必要なんです。
盛岡にもすでに1,000人位の被災者が来ています。
すぐに届けてあげれる人には1本でも今届けてあげたいと思います。

同級生にお願いしてもいいと思う?
受付で売れなくなった歯ブラシってどこでもあると思うんだ。捨てるに捨てれない古いパッケージモノとか。
面倒かもしれないけど送ってもらいたいんですよ。
いつまで避難所にいるかわからないから一人1本じゃないでしょ。
なんかいい方法ないかお知恵拝借です。

東日本大震災(山田歯科医院)

糖尿病シンポジウムin富山 中止のお知らせ

日本糖尿病協会では、昨今の地震による影響を鑑み、安全を最優先に考慮した結果、
3月21日(月・祝)福岡、3月27日(日)富山で開催する予定だった「糖尿病シンポジウム」を
中止することになりました。
http://www.nittokyo.or.jp/kinkyu_110316.html

東日本大震災

緊急消防援助隊(山田歯科医院) 緊急消防援助隊(大阪市消防局)

緊急応援車両(山田歯科医院) 緊急応援車両(岡山市)

未曾有の大震災からはや一週間、罹災された皆様には心からお見舞い申し上げます。
大混乱の中、なかなか進まない救援作業に、何もできずに手をこまねいているだけの自分に恥ずかしさも感じています。
昨日、北陸自動車道を走っていたら、大阪市消防局の緊急消防援助隊のバスや岡山市のタンクローリーが、一路被災地へ向かっていました。
続々と援助の手が各地から差しのべられ始めていることが実感できる光景です。被災地の皆さん、もう少しだけ辛抱お願いします。

被災地に縁のある富山市歯科医師会の会員の先生が、被災地に向かわれます。そのために富山市歯科医師会では訪問診療用の歯科診療キットを2台お貸ししました。インフラが十分でない中、大いに活躍されることを祈ってます。

虫歯の病原因子である酵素の立体構造を世界で初めて解明

静岡県立大学の伊藤 圭祐助教・伊藤 創平助教らは世界で初めて、虫歯の病原因子として同定されている酵素である「グルカンスクラーゼ(GSase)」の立体構造をX線結晶構造解析によって明らかとすることに成功し、この酵素による多糖の合成メカニズムを明らかにしました。
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20110217/index.html

 これまで、虫歯の病原因子として、口腔中のストレプトコッカス・ミュータンス菌に由来する酵素であるGSaseが同定されています。口腔中の砂糖を利用してまずGSaseにより粘着性多糖であるグルカンが合成され、食べカスや他の口腔細菌を巻き込んで歯垢(デンタル・プラーク)が形成されます。歯垢内部で口腔細菌により産生された酸によって、歯が脱灰して虫歯が進行します。そのため、GSaseの働きを阻害することで、虫歯の発症リスクを効果的に低減することが可能であると考えられます。これまで各種食品素材等からGSase阻害物質が探索され、緑茶カテキン等のポリフェノール類に強い阻害効果があることが報告されています。しかし、より選択性が高く、強い効果を持つ阻害物質の探索・設計にはGSaseの分子基盤を明らかにする必要がありました。
 この研究により明らかとされた虫歯の病原因子の立体構造情報を利用することで、より特異性が高く、効果の強いGSase阻害物質の探索・設計が可能になり、歯周病と並んで歯科の二大疾患であり、最も身近な生活習慣病でもある虫歯の予防への貢献が期待されます。また、緑茶カテキンに代表される既知のGSase阻害物質についても、阻害効果の科学的根拠が明らかになると期待されます。

本研究成果は、「Journal of Molecular Biology」のオンライン速報版で近日中に公開されます。
"Crystal Structure of Glucansucrase from the Dental Caries Pathogen Streptococcus mutans"
Ito K., Ito S., Shimamura T., Weyand S., Kawarasaki Y., Misaka T., Abe K., Kobayashi T., Cameron A.D., Iwata S. (2011) J. Mol. Biol.