歯みがきペーストランキング

週刊文春6月30日号のコラム「今週のベスト10」に、“歯周病予防おすすめ歯みがきペーストランキング”が掲載されています。

歯周病予防のためには、磨き方が最も重要ですが、補助としてのペーストも大切です。
知らない製品結構あります、ご参考になさってください。

1位 ガム デンタルペースト     (サンスター
2位 クリニカ アドバンテージ    (ライオン
3位 クリアクリーン         (花王
4位 デンターシステマ        (ライオン)
5位 ハイテクト 生薬の恵      (ライオン)
6位 スミミネラルハミガキF     (ナチュラルサイエンス
7位 コンクール ジェルコートF   (ウエルテック
8位 クリーンデンタル センシティブ (第一三共ヘルスケア
9位 薬用シュミテクト 歯周病ケア  (アース製薬
10位 デンタルビューティケア    (ラブラボ

スポーツ基本法

 6月17日の参議院本会議で、「スポーツ基本法案」が可決され、成立しました。
 この法案は、従前の「スポーツ振興法」を全面改正したもので、スポーツに関する施策の基本的事項を定め、スポーツに関する施策を総合的かつ計画的に推進し、国民の心身の健全な発達、明るく豊かな国民生活の形成等に寄与するため、スポーツに関する基本理念を定めることを目的としています。
 従前のスポーツ振興法の中には「歯科」という文言はありませんでしたが、新しいスポーツ基本法の第十六条に「国は、医学、歯学、生理学、心理学、力学等のスポーツに関する諸科学を総合して実際的及び基礎的な研究を推進し、これらの研究の成果を活用してスポーツに関する施策の効果的な推進を図るものとする。この場合において、研究体制の整備、国、独立行政法人、大学、スポーツ団体、民間事業者等の間の連携の強化その他の必要な施策を講ずるものとする。」と謳われており、スポーツに対して歯科学が果たす役割が明らかになりました。

 欧米のプロスポーツチームにはスポーツデンティストが帯同することはもはや常識です。
スポーツによる障害を予防するスポーツガードのみならず、パフォーマンスを向上させるために積極的に噛み合わせを調整することなども行われています。オリンピックやワールドカップの日本チームでスポーツデンティストが大活躍する日も近いのではないかと思います。

富山歯科総合学院

富山歯科総合学院(山田歯科医院)

富山歯科総合学院の学校案内が始まりました。
就活が困難を極める昨今、就職率100%を誇る当校は、
近年、多くの学生さんの応募があります。
「だったら、ちょっと見てみるか?」と思ったら、富山歯科総合学院を覗いてみてください。

オープンキャンパス
 第1回 平成23年 7月 2日(土)
 第2回 平成23年 7月28日(木)
 第3回 平成23年 9月 3日(土)
推薦入学試験
 第1回 平成23年11月 5日(土)
 第2回 平成23年12月10日(土)
一般入学試験
 第1回 平成24年 1月21日(土)
 第2回 平成24年 2月18日(土)
 第3回 平成24年 3月10日(土)

児童が習慣的に炭酸飲料を多く飲んでいると、高血圧の可能性?

第21回欧州高血圧学会で、セルビアのUniversity of BelgradeのKatarina Paunovic氏らが児童の食習慣と血圧の関連を検討し、児童が習慣的に炭酸飲料を多く飲んでいると、高血圧の可能性があることを報告しました。
(Poster Session 02 (lifestyle changes) 2-42
The effect of some eating habits on blood pressure of school children
K. Paunovic, G. Belojevic, B. Jakovljevic, V. Stojanov :Belgrade-SERBIA)

 この研究は、ベオグラードにある7歳から11歳の児童1113人(男児533人、女児580人)について、安静時血圧と食習慣との関連を調べたものです。
 炭酸飲料を飲まない群のBMIは17.7、一日1杯の群は18.1、2杯の群は18.4、3杯以上の群は18.8と、飲む量が増えるにつれBMIは高まる傾向にあり、収縮期血圧や拡張期血圧とも有意に高くなる傾向がありました。さらに多変量直線回帰分析を行い、性別・年齢・BMIで補正した後においても、炭酸飲料の摂取量は、収縮期血圧だけでなく、拡張期血圧とも有意に相関していることがわかりました。
 一方、ミネラルウオーターに関しては、飲む回数が多い児童ほどBMIが高くなる傾向が認められましたが、ミネラルウオーターを飲む回数と血圧との間には有意な関連性は認められませんでした。
 この発表の結論として、Paunovic氏は、「児童の食習慣の中でも炭酸飲料を飲む習慣は、収縮期血圧および拡張期血圧の上昇に関連しているのではないか」としています。
 
 この夏は、節電等で飲料水の摂取が増えることが予想されますが、このような研究があることもちょっと頭の隅に入れておかなければなりません。

腸管出血性大腸菌感染症(追補)

日本感染症学会は、大腸菌O157、O111関する一般向け解説を作成し、ホームページで公開しました。
http://www.kansensho.or.jp/topics/110608_o157.html
大腸菌の特徴、毒力の強弱、ベロ毒素、感染経路、これまでの流行例、食中毒が発生しやすい時期、感染した際の症状、溶血性尿毒症症候群(HUS)、検査法、治療、感染の予防方法など多岐にわたる項目について簡潔にまとめてあります。

ツバメの巣

ツバメの巣(山田歯科医院)

我が家の車庫の軒先に、ツバメの巣が出来上がりました。
何年か前から、春先になるとツバメが巣作りのチャレンジをしていたのですが、いつも失敗ばかししていて、今年初めてうまくいったようです。
「ツバメは縁起のよい鳥、吉をもたらす鳥とされており、“ツバメが巣をかける家は栄える”などといわれている。」(『日本人の縁起とジンクス』北嶋広敏著 PHP文庫 )とあるように、我が家にも幸運を運んでくれることを願わずにはいられません。


富山市歯周疾患検診

富山市歯周疾患検診(山田歯科医院)

今年も、富山市歯周疾患検診が始まりました。
40歳・50歳・60歳および70歳の節目の方が対象です。
日頃、お口のチェックがおろそかになっている方は、この機会を利用して、
ぜひ一度お口の健康を見直してください。
このポスターの掲示してある、富山市歯科医師会会員診療所と、
富山市民病院および八尾総合病院で受診できます。