FC2ブログ

Image Challenge

鉛中毒(山田歯科医院)

今週号の、「the New England Journal of Medicine」のImage Challenge も、歯科関係の写真です。
腹痛を伴うこの患者さんを診断してください。
ただの、歯周炎ではありません。

道路舗装工事

道路舗装工事(山田歯科医院)

9月5日から、当院前の国道41号線の、道路舗装修繕工事が始まります。
昼間16時30分まで片側交互通行となり、駐車場の入口の一つが閉鎖されます。
交通整理員が誘導しますので、気をつけて出入りしてください。
詳しくは、工事情報のHPで確認してください。

歯科口腔保健の推進に関する基本的事項

歯科口腔保健の推進に関する基本的事項(山田歯科医院)

厚生労働省は、昨年8月に成立した「歯科口腔保健の推進に関する法律」に基づき、さる7月23日、「歯科口腔保健の推進に関する基本的事項」を告示しました。
また、つぎの1から4に掲げる目標等を達成することにより、口腔の健康の保持・増進、歯科口腔保健に関する健康格差の縮小を目的として、この基本事項の目標値についても同時に公表しています。
これらの厚生労働省の歯科保健政策は、歯科口腔保健関連情報として、厚生労働省のホームページに公表されています。

1.歯科疾患の予防における目標
(1)乳幼児期
具体的指標:3歳児でのう蝕のない者の増加
現状値 77.1%(平成21年)
目標値 90%(平成34年度)
(2)学齢期(高等学校等を含む)
具体的指標①:12歳児でのう蝕のない者の増加
現状値 54.6%(平成23年)
目標値 65%(平成34年度)
具体的指標②:中学生・高校生における歯肉に炎症所見を有する者の減少
現状値 25.1%(10~19歳、H17歯科疾患実態調査)
目標値 20%(平成34年度)
(3)成人期(妊産婦を含む)
具体的指標①:20歳代における歯肉に炎症所見を有する者の減少
現状値 31.7% (平成21年国民健康・栄養調査)
目標値 25% (平成34年度)
具体的指標②:40歳代における進行した歯周炎を有する者の減少
現状値 37.3%(平成17年歯科疾患実態調査)
目標値 25% (平成34年度)
  具体的指標③:40歳の未処置歯を有する者の減少
現状値 40.3%(平成17年歯科疾患実態調査)
目標値 10%(平成34年度)
  具体的指標④:40歳で喪失歯のない者の増加
現状値 54.1%(平成17年歯科疾患実態調査)
目標値 75%(平成34年度)
(4)高齢期
具体的指標①:60歳の未処置歯を有する者の減少
現状値 37.6%(平成17年歯科疾患実態調査)
目標値 10%(平成34年度)
具体的指標②:60歳代における進行した歯周炎を有する者の減少
現状値 54.7%(平成17年歯科疾患実態調査)
目標値 45% (平成34年度)
具体的指標③:
ア.60歳で24歯以上の自分の歯を有する者の増加
現状値 60歳(55~64歳): 60.2%(平成17年歯科疾患実態調査)
目標値 60歳:70%(平成34年度)
イ.80歳で20歯以上の自分の歯を有する者(8020達成者)の増加
現状値 80歳(75~84歳): 25.0%(平成17年歯科疾患実態調査)
目標値 80歳:50%(平成34年度)

2.生活の質の向上に向けた口腔機能の維持・向上における目標
(1)乳幼児期、学齢期(高等学校等を含む)
具体的指標:3歳児での不正咬合等が認められる者の減少
現状値 12.3%(平成21年)
目標値 10%(平成34年度)
(2)成人期、高齢期
具体的指標:60歳代における咀嚼良好者の増加
現状値 73.4% (平成21年)
目標値 80% (平成34年度)

3.定期的な歯科検診、歯科医療を受けることが困難な者における目標
(1)障害者
具体的指標:障害(児)者入所施設での定期的な歯科検診実施率の増加
現状値 66.9%(平成23年)
目標値 90% (平成34年度)
(2)要介護高齢者
具体的指標:介護老人福祉施設・介護老人保健施設での定期的な歯科検診実施率の増加
現状値 19.2%(平成23年)
目標値 50%(平成34年度)

4.歯科口腔保健を推進するために必要な社会環境の整備における目標
具体的指標①:過去1年間に歯科健康診査を受診した者の増加
現状値 20歳以上:34.1%(平成21年)
目標値 65%(平成34年度)
具体的指標②:3歳児でのう蝕がない者の割合が80%以上である都道府県の増加
現状値 6都道府県(平成21年)
目標値 23都道府県(平成34年度)
具体的指標③:12歳児の一人平均う歯数が1.0歯未満である都道府県の増加
現状値 7都道府県(平成23年)
目標値 28都道府県(平成34年度)
具体的指標④:歯科口腔保健の推進に関する条例を制定している都道府県数の増加
現状値 26都道府県(平成24年4月1日現在)
目標値 36都道府県(平成34年度)

こども医療費助成制度

こども医療費助成制度(山田歯科医院)

富山市のこども医療費助成制度は、通院に関しては未就学児が対象でしたが、今年10月から、小学校6年生にまで拡大されます。
通院時に医療機関で支払った窓口一部負担金が、申請により償還されます。
受け取った領収書はきちんと保管しておいてください。
詳しくは、各医療機関に掲示してある、ポスターをご覧ください。

Green Teeth in Neonatal Sepsis

Green Teeth in Neonatal Sepsis(山田歯科医院)

先週の、「the New England Journal of Medicine」のImage Challenge についての解説が別の症例写真とともに、今週号に掲載されています。

この患者は、妊娠28週に未熟児として生まれ、敗血症の加療を受けたのちに重症の黄疸となった幼児で、生後20カ月の検診で母親が歯の変色を指摘したものです。
経過がとられていないのが、何とも残念です。

Image Challenge

新生児高ビリルビン血症(山田歯科医院)

今週号の、「the New England Journal of Medicine」のImage Challenge は歯の着色です。
まれな疾患ですので、かなり難しいです。