FC2ブログ

Image Challenge

A群溶結レンサ球菌感染症(山田歯科医院)
今週号のthe New England Journal of Medicine のImage Challengeは、2週続けて口腔内の症状です。この症状の患者さんが歯科を受診することはまずないと思いますが、初期病変を認知することは可能です。

9歳の女児、発熱とのどの痛みを主訴に受診しました。
頚部リンパ節は腫脹し圧痛があり、口蓋垂と扁桃は腫れていて、軟口蓋と硬口蓋にドーナツのような点状紅斑が多数できています。
舌と咽頭は白苔に覆われています。
原因は次のどれでしょう。

1.Group A streptococcus
2.Epstein-Barr virus
3.Adenovirus
4.Measles virus
5.Neisseria gonorrhe

地域医療構想セミナー

地域医療構想セミナー(山田歯科医院)
高齢者人口が増加し、その割合が高まるという人口構造の変化においては、「治す医療」のみだけではなく、「治し、支える医療」への転換を促進することが必要とされています。「治し、支える医療」への転換についての理解を深めるために、「地域医療構想セミナー」が、3月10日(日曜日)に開催されます。
講師の飯島勝矢先生は、オーラルフレイル(口腔機能障害に対する脆弱性が増加した状態)の研究の第一人者でもあり、日本歯科医師会や日本歯科医学会の研究にも協力していただいています。
地域医療の未来予想図についての講演は、とても参考になるものと思われます。

Image Challenge

spindle-cell sarcoma(山田歯科医院)
タイムリーなことに、今週号のThe New England Journal of MedicineのImage Challengeは、舌の病変に関するものです。
何年も前から気が付いていたのですから、なるべく早く歯科医院を受診していただきたいものです。

54歳男性、何年も前から舌にあった白斑の中心に痛みのない茶色のものが大きくなってきて、この2か月ほど食べ物を咀嚼しにくくなってきたとして来院しました。
舌には白斑の中に8 mm x 7 mmの硬固物を認めました。

1.Dermoid cyst
2.Oral candidiasis
3.Lipoma
4.Spindle-cell sarcoma
5.Tongue mucocele

口腔がんの早期発見のために

口腔がん啓蒙ポスター(山田歯科医院)
富山県歯科医師会は富山県に協力して、口腔がんの早期発見・早期治療の啓蒙活動を行っています。
口腔内の異常に気付いたら、医療機関を受診して検査を受けてください。

桜にレース

桜にレース(山田歯科医院)
診療室の絵を一部掛け替えました。
絹谷香奈子氏の「Hanafuda」12か月のうち、三月「桜にレース」です。
公式ホームページのものとは、少々絵柄が異なります。

笑顔の向こうに

笑顔の向こうに(山田歯科医院)
歯科医療の現場をテーマに、若者たちの成長を描いた青春映画「笑顔の向こうに」が、来週2月15日(金曜日)より公開されます。

主演は、人気若手実力派俳優の高杉真宙さん、歯科技工士役に挑みます。ヒロインには、安田聖愛さん、主題歌は、HANDSIGNの「ふたりのサイン」。
榎本二郎監督は、長編映画初監督デビューです。
製作にあたり、日本歯科医師会が全面協力し、第16回モナコ国際映画祭では、最優秀作品賞と助演男優賞を受賞しました。
陽春間近、心温まる青春感動ストーリーをお楽しみ下さい。
富山県ではJMAX THEATERとやまで上映されます。