FC2ブログ

ラクトフェリン

ライオンラクトフェリン(山田歯科医院)
 ラクトフェリンは、「ラクト=乳」と「フェリン=鉄」を名前の由来とする、鉄と結合するタンパク質で、母乳に多く含まれるタンパク質です。
 最近は、ラクトフェリンの「内臓脂肪低減効果」が注目され、メタボの対策のサプリメントとして、「ラクトフェリン」は、たいへん注目を集め大きく売り上げを伸ばしています。
 しかし、当初は、このラクトフェリンの持つ歯周病の病原菌が産生する毒素を不活性化する効果に着目し、ライオンが歯周病に対する薬剤開発を目的として研究に着手したことは、忘れられようとしています。たしかに、紹介記事には「また歯周病の進行抑制、整腸作用、免疫賦活、大腸癌予防などの効果をもつとして注目されています。」と書いてはありますが、内臓脂肪の低減効果に比べるとインパクトの弱さには、目を覆うものがあります。
 ラクトフェリンの歯科領域への応用の可能性を見直そうと、4月に開催される日本アンチエージング歯科学会第5回学術大会で、「ドクターズサプリメント ラクトフェリンの歯科への応用」と題してセミナーが開催されます。
乳酸菌LS1(山田歯科医院)
 ライオンは歯周病予防のサプリメントとして「乳酸菌LS1」を歯科医院向けに発売していますが、歯周病の進行抑制の効果を大きく謳ったサプリメントの出現に期待したいものです。
コメント

はじめまして

はじめまして。小林と申します。

ご紹介していただきました日本アンチエイジング歯科学会のセミナーの演者でございます。

ラクトフェリンについて探索しておりましたところ、こちらを見つけてお邪魔する次第です。

遅くなりましたが、講演をご紹介していただきありがとうございます。

ラクトフェリンの臨床応用について、ご興味がありましたら、ご一報頂けると嬉しく思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する