FC2ブログ

人工知能が口腔ガンを携帯写真で診断

携帯カメラで口腔ガン診断(山田歯科医院)
 口腔がんは舌や歯肉、頬粘膜などにでき、リンパ節や肺に転移し、死に至ることもあります。口の中は、自分自身で鏡で見ることができるにもかかわらず、進行するまで放置されていることが数多くあります。
 2月13日付の読売新聞によりますと、大阪大学歯学部口腔外科の平岡慎一郎先生らのチームは、人工知能(AI)に大量の口腔ガンとその類似症状の画像を学習させ、病院や歯科診療所で撮影した画像から自動的にAIが口腔ガンを見分けるシステムの開発に着手しました。
 近い将来、患者自身が自分の携帯で自身の口腔内の写真を撮影するだけで、AIが口腔がんの早期診断をしてくれる日が来るかもしれません。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する